受験勉強

中学受験のための勉強方法について

勉強男女

多くの進学塾では生徒のレベルに合わせてカリキュラムを用意しています。
一般的に進学塾のカリキュラムでは、公立小学校の授業よりかなり先をいく進み具合の授業を行う場合がほとんどです。
進学塾ではオリジナルのテキストや教材を用意しています。
特に受験勉強においては、効率よい学習に不可欠なものとなります。
学習塾に通う目的はもちろん勉強するためですが、実は勉強方法を教えてもらえるという意味でも有意義なんです。
学校の授業でも予習復習は大切ですね。
次回の授業でどんなことを学習するのかを知っておくことは非常に重要です。
いっぽう、授業で教わったことをその日のうちに復習する必要がある場合もあります。
勉強する順番や時間の配分も重要になってきます。
塾で勉強する中で予習や復習の必要も格段に多くなります。
予習・復習の効率的な方法や順番など細かな指導を行ってもらえればもっとも理想的といえます。
はじめは慣れなくても次第に身について習慣づいていく中で、生徒本人がやるべきことを把握して進められるようになります。
全国展開しているような大手有名進学塾では、予習型と復習型に分かれています。

 

予習型はあらかじめ家庭で新しい単元について勉強したうえで授業に臨むタイプです。
復習型はまず塾で新しい内容を学習してきてから家庭で復習を行うタイプです。
テストを頻繁に実施しているような塾では、その成果を出すために予習が必然になります。
また逆に、未知のことを学習するワクワク感や知的好奇心を尊重しているような塾では、あえて予習させずに授業に臨ませるところもあります。
どちらが優れているということはなく、生徒の性格や家庭の方針によって合っているものを選べば良いです。

教科書

予習型の最大のメリットはやはり自分で学習できる習慣がつくことです。
学校の授業でも習っていない高度な内容を、テキストなどを使って自分一人で学習していくわけです。
こうして身についた学習に対する姿勢は、中学に進学した後も大きな財産になるはずです。
いっぽう学校の授業のみに慣れてきた生徒にとっては、このような予習勉強は大きな負担になる可能性もあります。
はじめての単元を勉強する際その導入部分は非常に大切な意味を持ってきます。
大きく誤解してとらえてしまうと無駄に遠回りしてしまうことがあったり、まったく手つかずのまま授業に出て取り残されてしまう結果になることも考えられます。
ですから家庭で予習勉強を行う際には、親御さんのサポートが可能な環境であれば更に取り組みやすいといえます。

 

次に復習型のメリットといえるのは、時間を効率的に使うのが上手くなることです。
反面、復習だけだと学習姿勢が受け身になってしまう傾向があります。
学習計画や目標をしっかり立てて、自律的・自発的な学習を心がける必要があります。
塾に通えば自由時間も少なくなりますが、塾での受験勉強で確実に実力がついていくはずです。
食生活や体調管理にも気を配り、ストレスがたまらないよう工夫しながら上手に塾を活用したいものです。

関連サイト

○人気のサイト○
中学受験【http://xn--lckta5lsb858xudh8wnw99cple929g.com/】
受験勉強は遊びたい盛りの小学生には辛いものです。
しかし、このサイトには小学生をしっかりサポートする秘訣が取り上げられているのでおススメです。